中古車で失敗しない基礎知識

オークション代行店

欲しい中古車を卸価格で手に入れられるのが、オークション代行店の最も大きな魅力です。

 

卸価格ですから、販売店より安く手に入る可能性があります。
中古車オークション会場は全国各地に存在し、膨大な台数が出品されていますが、その中から代行店が顧客の要望に合った中古車を探し出します。
こちらはあらかじめ条件を伝えておくだけですので、自分で見つける手間を省くことができます。

 

また、オークションには出品票があり、その掲載内容から中古車の状態に関する詳細情報の確認が可能です。
そのため、都合が悪い部分を隠され、被害に遭ってしまうことを回避することができます。
ただし、あらかじめ現物を確認することが出来ませんので、出品票や画像といった限られた情報の中から、中古車の良し悪しを判断するしかないのです。
また、オークション代行店を利用して購入する場合、落札代行手数料や入札手数料が発生します。

 

落札代行手数料は落札価格の数%程度に設定されていることもあれば、あらかじめ金額が設定されていることもあります。
割合で手数料が決まる場合、落札価格に比例してコストが増えてしまうのがデメリットです。
入札手数料は入札の度に発生しますが、1回1,050円として2回目で落札した場合、総額で2,100円を支払うことになります。

 

オークション代行店は落札後のキャンセルを受け付けていませんが、落札前のキャンセルは可能としています。
いつまで経っても落札できないようなケースには、悪徳業者であることを疑ってキャンセルするのが無難でしょう。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ