中古車で失敗しない基礎知識

中古車の下取り・買取り

中古車を処分する際には、下取りか買取りかを求められます。

 

どちらが最良の選択かを判断するためにも、それぞれの特徴を押さえておきましょう。
下取りは、中古車を業者に引き渡し、次に買う車の代金に充てる仕組みです。
購入手続きと売却手続きをいっしょに済ませることができるので、煩わしさを感じることがありません。

 

また、新しい車が納車されるまでの期間、移動手段を失うことがないという魅力もあります。
新車ディーラーと取引する場合、下取りは買取りよりも有利になる傾向があります。

 

自社メーカーの車は高額査定になることが多いそうですし、低需要車や低年式車でもある程度の値段が付けられるからです。
ちなみに、他メーカーの中古車、パーツにはあまり良い値段が付かないという問題があります。

 

また、下取りに出したところで買うしかないという縛りがあるのも厄介なところです。
買取りは、中古車を業者に売却し、現金をうけ取る仕組みです。

 

買取りの魅力は、中古車を処分したあとは、複数の販売店で車をセレクトすることができるという点にあります。
高需要車、高年式車に関しては、下取りより高額で買い取って貰えることも多いと思います。
買取りの問題は手続きの煩雑さにあると言えます。

 

購入手続き、売却手続きをいっしょに済ませることが不可能なので、下取りより面倒に感じるかもしれません。
また、新しい車が納車されるまでの期間、移動手段を失うことにもなりかねません。

 

下取りか買取りかで迷ったときには、より多くのところから見積りを取ることが大事です。

 

あなたの愛車を高く売る方法はコチラ>>

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ