中古車で失敗しない基礎知識

中古車の査定

中古車の査定時には、運転免許証、自動車検査証、自動車損害賠償責任保険立証書を準備することが要求されます。

 

他にも定期点検整備記録簿、各種取扱説明書もできれば準備しておきましょう。
中古車の査定をうける前には、洗車を済ませておくのが一般的です。
ワックス洗車が望ましいのですが、外観だけでなく、内装の清掃をするのも忘れてはいけません。

 

外観はタイヤとホイールの汚れまで、内装はニオイまで取り除くのが望ましいでしょう。
また、エンジンルームの清掃をしておけば、査定に良い影響があるでしょう。
キズやへこみに関しては、査定前の修理は避けるのが無難です。

 

軽微なキズやへこみはあまり査定に影響しませんし、修理代のほうが掛かってしまうからです。
パーツはメーカー外のものを取り付けている場合、ノーマルに戻せる状態にしておくと良いでしょう。
パーツによっては高額査定になりますし、そうでない場合はノーマルに戻せば良いからです。

 

査定をうける業者選びも軽視してはいけません。
キャンペーンが実施されていたりすると、高額査定が期待できるからです。
処分する時期についてですが、車検取得前のほうが良いと考えられています。

 

時期が遅くなることで査定額が低くなってしまう可能性があるだけでなく、車検経費が発生してしまうからです。
また、新型車が登場した車種は、旧型車が大量に中古車市場に流れる可能性があることから、相場が低くなるとされています。
季節ごとに相場が変動するような車種の場合には、需要が高まりを見せる時期に査定をうけると高くなるようです。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ