中古車で失敗しない基礎知識

納車時の確認事項

中古車の納車時に、気分が高揚するのはわかります。

 

でも、細かな問題を見落としてしまうことが考えられますので、最終確認を済ませるまでは冷静さを保つ必要があります。
あとになってから問題が発覚した場合には、問題解決が簡単ではないからです。
そのため、担当者がたち会っている納車時に、できる事は全て行っておくのが望ましいです。

 

中古車の状態は実車で確認済みでしょうが、メンテナンスを施してから引き渡す事になっている場合には注意が必要です。
納車時には修正したり交換する事になっていたパーツを必ず確認しましょう。
車両以外の事については、書類の確認をする事が大切です。

 

自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書といった書類が揃っていなくてはいけません。
また、自動車検査証の名義人に誤りがないかどうかを確かめましょう。
中古車を購入する際に自動車リサイクル料金が発生した場合には、リサイクル券が発行され、間違いなく付されているかどうかを確認します。
保証に関する確認も忘れてはいけません。
保証内容の確認を怠ったために発生するいさかいが多くなっているからです。

 

少しでも不明な点がある場合は担当者に確認し、保証内容を正しく理解しておきましょう。
また、中古車の購入後には任意保険に加入するのを忘れないようにしましょう。
強制加入では有りませんが、自賠責保険の補償だけではさすがに心許ないと言わざるを得ないからです。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ