中古車で失敗しない基礎知識

試乗時の確認事項

中古車の試乗時には、備品やエンジンルームの確認をします。

 

備品は、マスターキー、スペアキー、スペアタイヤ、車載工具、取扱説明書、点検記録簿が揃っているかをチェックしましょう。
キーはリモコン付きの場合、実際に操作することで問題がないかを確認します。
スペアタイヤの状態を確認したり、車載工具に不足がないかも確認しましょう。

 

カーナビゲーションシステム、オーディオの取扱説明書が備わっているかを確認し、点検記録簿からは整備状態を読み取っておきます。
エンジンルームは、エンジン、オイル類、バッテリー、マフラー、ベルト類のチェックをすることになります。
エンジンは1度目で始動するか、異音がしないかを確認します。
オイル類やバッテリーに関しては、油量・液量が不足していないかを見てみましょう。

 

マフラーはサビ、穴がないかを確認し、さらにで音や色に不ナチュラルさがないかを確かめます。
ベルト類はボンネットを開けた時に確認できるものだけで良いので、張り具合や劣化具合を確かめておきましょう。
中古車の購入経験が少ない人にとって、エンジンルームを詳細まで確認するのは難しいでしょうから、分からない場合は販売店の従業員に聞いてみると良いでしょう。

 

詳しい人に付き添ってもらい、中古車の状態を確認して貰うというのも有効な手段です。
試乗時には、ハンドル操作時の振動やブレ、直進安定性の他、アクセルやブレーキの利き具合を確かめます。
また、ミッションの状態を確認することも大切です。

 

ギアチェンジがすんなりと行えるかどうかを試してみましょう。
その他、メーター類の針がブレたりしないか確認するのを忘れないようにしましょう。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ