中古車で失敗しない基礎知識

中古車の内装の確認項目を押さえておきましょう。

 

運転席に座った状態で、何がどこにあるのか位置関係を把握します。
その上で、順番に中古車の状態や動作確認をしていくことになります。
電動ミラー、パワーウィンドウ、ワイパー、ウィンドウウォッシャー、クラクションを操作し、動作に問題がないかを確認しましょう。

 

また、ボンネット、トランク、給油口をスムーズに開閉できるかどうかを確認するのも忘れてはいけません。
ランプが正常に点灯するかどうかを見ていきます。
ウィンカー、ハザード、ヘッドライト、フォグランプ、リアランプ、ブレーキランプ、室内灯をひとつずつ作動させてみましょう。

 

エアコン、カーナビゲーション、オーディオのチェックも必ずしましょう。
ひとつずつ作動させていき、不具合がないかを確認します。
搭載されている機能はひと通り作動させてみると間違いがありません。

 

シート、ステアリング、シフトノブなど、中古車特有の使い込まれることで状態が悪化するところも入念にチェックしましょう。
シートは、汚れや劣化具合だけでなく、前後にスライドさせたり角度を調節したりして、おかしいところがないかを確認することが大事です。
また、フロアやトランクルームまで徹底的に状態を確認しましょう。

 

サンルーフは問題なく開閉できるかどうか、ガラスやゴムにヒビ割れがないかをチェックします。
雨漏りの形跡がないかも忘れずに確認しておきましょう。

 

チルト機構が付いているケースには、動作がおかしくないかをチェックしましょう。
オープンカーの幌は、スムーズに開閉できるかどうか、内側の劣化、雨漏りの形跡がないかを確認します。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ