中古車で失敗しない基礎知識

外観の確認事項

実車で外観を確かめる時には、まず最初に中古車の全体を見るようにしましょう。

 

そのあとで細かい部分を確認すれば、見落としを防ぐことができます。
全体を見たあとは、ボディを確認していきます。
キズやへこみがないかを見ますが、見つけた時はその場所を掌握しておきます。

 

もとめている中古車の状態にもよりますが、多少は妥協するくらいの気持ちでいたほうが良いでしょう。
また、ボディのパネルとパネルの間にはわずかな隙間があると思われます。
ところどころ隙間が狭かったり広かったりする場合には、パネルを取り換えていたり、ボディそのものの状態が悪化したことで歪んだの可能性があります。

 

ボディを見終えたら、今度はドアの状態を確認していきます。
全てのドアがスムーズに開閉出来るかどうか操作してみましょう。
また、ボディ後方にリアゲートがある中古車のケースも同様に確認します。

 

ドアの確認ができたら、今度はウィンドウのキズやヒビの有無を見ていきましょう。
細かいキズやヒビでも、あとから範囲が広くなってしまう可能性があると思われますので、入念に確かめることが大切です。
フロント、サイド、リアといったように、見落としがないように確認しましょう。

 

ライトカバーを見るのも忘れてはいけません。
ヒビ割れの有無だけでなく、水がたまっていたり、曇っていたりしないかを確認しましょう。

 

フロント、サイド、リアと全てのライトを見る必要があります。
そしてタイヤの確認をすれば、外観の確認はひと通り終了です。

 

タイヤにヒビがあるかどうか、どの程度減っているかを見てみましょう。
左右の溝の減りに違いはないか、ホイールにキズが付いていないかも確認します。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ