中古車で失敗しない基礎知識

プライスボードの見方

プライスボードの表示形式は、中古車販売店によって異なった部分があります。

 

1.現金販売価格
中古車の車両本体価格を表しています。
税金や保険などのコストは含まれていません。

 

2.初度登録(診断)年月
日本における初回の登録年月を表しています。
軽自動車は初度診断年が記述されています。

 

3.車検証の有効期限
車検残があるかどうか、あるケースにはその有効期限が表されています。
検付きと記述されていても、税金などのコスト負担が発生することになってきます。

 

4.走行距離数
走行距離数が記述されています。
不明な場合、交換や改ざんがある場合には、その事実が表示されることになってきます。

 

5.前使用者の点検整備記録簿
前使用者の点検整備記録簿が備え付けられているかどうかが記述されています。

 

6.修復歴の有無
特定箇所の修正や交換歴の有無が記述されています。

 

7.使用歴
自家用、営業用、レンタカー、その他の使用歴が分かります。
輸入中古車の場合は不明なことが少なくないようです。

 

8.保証の有無
保証が受けられるかどうかの判断ができます。
保証の内容や条件(期間、走行距離)についても表示されています。

 

9.定期点検整備実施状態
定期点検整備が行われるかどうかを表しています。

 

10.定期点検整備あり(納車時)と表示した場合の整備コストに関する表示
定期点検整備の価格込みで販売されるかどうかが分かります。

 

11.リサイクル料金の預託状態
自動車リサイクル料金の預託済み、未預託が記述されています。
預託済みであれば、リサイクル料金込みで販売されているのかが分かります。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ