中古車で失敗しない基礎知識

中古車の必要書類

中古車の購入に関わる書類を確認しておきましょう。

 

あらかじめ用意しておける書類としては、実印と印鑑証明書です。
実印はハンコなら何でも良いというわけではありません。
住所地の市区町村役場で実印登録をしたものでないと、契約時に使う事ができません。

 

印鑑証明書は、実印が間違いなく登録されている事を示すために用意します。
中古車を買う際には、発行日から3ヶ月以内の印鑑証明書がもとめられる事になります。
下取り車があるときには印鑑証明書は2通必要になりますので、覚えておくと良いでしょう。
また、あらかじめ用意できない書類は次の通りです。

 

自動車検査証は中古車の購入に関わるたいせつな書類ですが、販売店に保管されているのが一般的です。
中古車を買うと使用者の欄に自分の名前が記載されているかチェックしましょう。
販売店に対する支払いが完全に済んでいるときには、所有者の欄も同様にチェックします。
また、自動車検査証は、任意保険の契約を交わす際の必要書類でもあります。

 

契約時には自動車検査証のコピーがもとめられますので、用意しておくと良いでしょう。
車庫証明書は中古車の保管場所を示す書類ですが、保管場所を管轄する警察署に申請する事で、交付を受けられます。
書類そのものは警察署か販売店で手に入れる事ができますが、自分で申請をせず販売店に任せる事が可能です。
販売店に各種手続きを代行してもらう場合、必要になる書類が委任状です。

 

書類そのものは販売店にあり、中古車を買う際に押印と署名をするだけで手続きが済みます。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ