中古車で失敗しない基礎知識

自動車リサイクル法

2005年1月1日に施行された自動車リサイクル法に基づき、自動車リサイクル料金を支払う事が義務付けられています。

 

新車の場合は購入時に支払う事になりますが、中古車のケースには勝手がちがいます。
支払時期はリサイクル料金預託済みの車かどうかによって左右されます。
預託済みであれば購入時に支払う事になりますが、未預託であれば廃車時に支払う事になります。

 

金額に関しては一律ではなく、中古車の車種、グレードによって決められる形になります。
10,000円〜20,000円程度を支払う事になるとかんがえていれば良いのですが、あとからエアコンを搭載すると、廃車時に追加で支払いを求められたりします。
また、リサイクル料金が支払われている中古車には、リサイクル券が発行される事になっています。

 

リサイクル券は紛失しないように、自動車検査証などといっしょに保管しておくのが望ましいでしょう。
また、実際に中古車を買う際には、リサイクル料金に関する表示に気を付ける必要があります。
車両本体価格にリサイクル料金がふくまれているとは限らないからです。

 

車両本体価格とは別に支払わなければいけない場合があるという事を覚えておきましょう。
リサイクル料金は「リサイクル料金、情報マネージメント料金、資金マネージメント料金」で構成されています。
これらのうちの資金マネージメント料金については、初回にリサイクル料金を支払う方だけが負担する事になっています。
また、自動車リサイクル料金に関して不明な点があるときには、財団法人自動車リサイクル促進センター、販売店に相談するようにしましょう。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ