中古車で失敗しない基礎知識

中古車の法定費用

中古車を購入する際には、法定費用が発生します。

 

法定費用は、平たく言えば税金のことです。
中古車の排気量がどの程度あるのか、車検残があるのかどうかによって金額には違いがありますが、算出方法は全国的に統一されています。
自動車税は都道府県税に該当しますが、排気量によって税金が発生します。

 

排気量が少ないほど安く、多いほど高く設定されていますが、軽自動車に関しては金額が固定されています。
自動車重量税は国税で、車両重量があるほど多くの税金が発生することになります。
車検残がある場合には支払わなくても良い税金です。

 

車検を取得する際に、車検期間分を支払うことになります。
軽自動車は重量に関係なく税額は一律で、車検期間によって金額が決められています。
自動車取得税は都道府県税で、中古車を取得することで税金が発生することになります。

 

取得価額に対する割合で金額が決められていますが、軽自動車は3パーセント、その他は5パーセントに設定されています。
自賠責保険料は必ず加入しなくてはいけない保険で、車検の際に次回車検までの期間分、保険料が発生することになります。
消費税も法定費用に含まれますが、特定の福祉車両については発生しません。
法定預かり費用は印紙代のことです。

 

各種手続きの際に支払うことになりますが、金額に関しては地域ごとにある程度の違いが見られるようです。
自動車リサイクル料金は、中古車の場合、車種やグレードによって金額が異なります。
支払時期に関しては、リサイクル預託金が支払われているかどうかに左右されます。

 

また、自動車リサイクル料金は、車両本体価格に含まれている場合とそうでない場合があります。

 

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ