中古車で失敗しない基礎知識

正規輸入車と並行輸入車

輸入車には正規輸入車と並行輸入車があります。

 

正規輸入車は、正規輸入代理店、メーカー直営店といった正式なルートを通って輸入され、発売している外国製の自動車のことです。
認定中古車制度が導入していることが多く、高い品質、充実した保証を受けられるのが魅力です。
輸入車に対して不安がある人は、正規輸入車を購入するのが望ましいでしょう。

 

正規輸入車は割高になってしまうこと、種類がそれほど多くないことが難点として挙げられます。
並行輸入車は、正規輸入車のように正規代理店やメーカー直営店といった正式なルートを通って輸入、販売されません。
輸入車発売店などが独自に海外から直接輸入、販売しているためす。
ちなみに並行輸入車は、新車並行と中古並行に分けることができます。

 

並行輸入車の中には、日本ではなかなか見つけることが出来ない中古車があったりします。
本物の外国製自動車に乗りたい人にとってはたまらないものがあるでしょう。
また、正規輸入車と同じ車種の場合、割安で購入できるのが魅力的です。
でも、安心感や信頼感に関しては、正規輸入車に劣るといえます。

 

たとえば中古並行の場合、海外で乗られていた時の使用履歴、整備・修復履歴を確認出来ないことがあります。
そのため、劣化の具合を把握するのが難しいと思います。
新車並行の場合は、販売店によっては満足な保証、メンテナンスを受けられなかったりします。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ