中古車で失敗しない基礎知識

修復歴車

修復歴車は必ずしも事故車であるとは限りません。

 

この点に関しては沢山の人が誤解していますから、正しい知識を身に付けることが重要です。
何を基準に修復歴車とするかが重要なのですが、例えば社団法人自動車公正取引協議会の中古車規約では以下のように定義されています。

 

「修復歴車とは交通事故をおこした結果、ないしは災害によって車体の骨格に当たる部位を損傷し、[修正]ないしは部品の[交換]により修復したもの」
ちなみにこれは、財団法人日本自動車査定協会(JAAI)の診断基準、日本中古自動車販売協会連合会のオークション診断基準と同様です。

 

修正に該当するのは、フレーム、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネルです。
交換に該当するのはラジエターコアサポートです。
つまり、事故車であっても、これらの修正や交換をしていなければ修復歴車とはならないのです。

 

反対に事故車でなくても、これらの修正や交換をしていれば修復歴車として扱われることになります。
修復歴車を販売する際には、そのことを明確に表示する義務があります。
そのため、修復歴車であることを隠すような販売店から購入するのは避けましょう。

 

また、修復歴車は状態が悪いと最初から決め付けている人は少なくありません。
このことが影響して価格が安くなっている場合もあり、逆手に取って中古車を購入するのもひとつの選択肢です。
というのも、修復歴車はしっかり整備されていれば、走行に支障をきたすことはありません。
著しく劣化した中古車よりは、修復歴車のほうが良かったりする場合もあります。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ