中古車で失敗しない基礎知識

新古車

中古車のジャンルのひとつとして、新古車を挙げる事ができます。

 

一般的な認知度は高いのですが、正式な呼称としてはふさわしくありません。
なぜなら、不当表示として自動車公正競争規約では禁止しているからです。
中古車とは違うもののように見せたり、新車と間ちがわれたりする事を防止するのが目的のみたいです。
あくまでも新古車は中古車ですので、勘違いしないように気をつけましょう。

 

誤解を避けるため、新古車と同様の意味の「おろしたて中古車」という呼称を用いているところがあるそうです。
新古車、おろしたて中古車は、平たく言えば新車同様の車の事です。
走行距離は1000km未満といったように極めて短く、外観や内装などの劣化はほとんど見られず、保証が充実しているといった特徴があるそうです。
新車よりは割安価格で購入できるので、とてもお得です。
また、車両本体価格だけではなく、税金も安くなります。

 

自動車重量税を支払う必要がなくなるため、かなりの経費を節約する事ができます。
こういった中古車を販売しているには理由があります。
新車ディーラーを訪れてみると分かりますが、車が展示されていたり、試乗する事ができたりします。

 

ナンバーを取得し、展示や試乗目的で使用されていた車が、その役目を終えたあと、新古車として販売されるようになるというわけです。
そのため、新車で購入するのを予算の都合で諦めていた場合には、新古車を探してみると良いかのしれません。
ただし、新車のようにボディカラーを選択したり、メーカーオプションを使用する事はできませんので気をつけましょう。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ