中古車 失敗

中古車の醍醐味

新車は定価が存在するのに対し、中古車には定価が存在していません。

 

代わりに中古車には相場が存在し、車種ごとに大体このくらいという価格に落ち着いているのです。
また、中古車は人気のある車種かどうかで販売価格が大きく違ってきます。

 

人気の高い車種は販売価格が高く、逆に人気の低い車種の販売価格は安く設定されているのです。
他には年式や走行距離によって販売価格は異なります。
年式が新しく、走行距離が短ければ販売価格は高くなりますが、逆であれば安くなります。
これらの他、修復歴の有無も価格に影響を及ぼしますが、ないほうが当然安くなるのです。

 

このようにして中古車の販売価格は決められていますが、総じて新車より安く購入することができます。
仕組みを逆手にとって、初心者のうちはあえて安い車種を購入するのも良いでしょう。
軽くこすったり、ぶつけたりといったトラブルがよくあるからです。
また、オプションを安く搭載できるのも、中古車ならではの魅力と言えます。

 

新車の場合は車両価格に加えてオプション価格を支払う必要があります。
中古車の場合はこれらの価格が安く抑えられるのです。
さらには最初から希望のオプションが搭載されている車種を選べば、お得感は増すことになります。
たとえば、カーナビゲーションシステムが搭載されていたり、アルミホイールが付いている場合などです。
また、中古車の醍醐味は価格に関することの他にもあります。

 

それは現在では購入することが叶わなくなった旧車、絶版車に出会える可能性があるということです。
新車では絶対に手に入れることができませんので、ファンにはたまらないでしょう。

 

中古車の難点

完全に要望どおりの車に出会えるとは限らないのが、中古車の難点です。

 

同じ車種であっても、走行距離、装備、外観や内装の程度、ボディカラーなどには違いがあります。
そのため、ここだけは譲れないという部分と、そうでない部分をあらかじめ考えておく必要があるでしょう。
走行距離が長過ぎたり、年式が古いケースには、メンテナンス関連の難点もあります。
この場合、ところどころ劣化されている可能性が高く、ケースによっては購入後に余計なコストがかさんでしまいます。

 

メンテナンスが施されていたかどうかを判断するため、購入前には点検整備記録簿を確認し、無い場合は購入を避けるのが賢明でしょう。
また、どこから購入するかという販売店選びも難しいでしょう。
残念ながら良心的な販売店だけとは限らないのが現状です。

 

事故車であること、過走行車であることなど、都合の悪い部分を隠して買わされてしまう場合もあります。
事故車はメンテナンスが不十分な場合、真っ直ぐ走行することができない、おかしな音が出るなど、試乗時に違和感をおぼえるはずです。
過走行車はメーターの巻き戻しで隠蔽されていることがあり、外観や内装の状態が悪ければ見破ることができるかもしれません。

 

これらのような問題があることから、中古車に関する知識をそれなりに得ておくのが望ましいのですが、経験が少ない人では難しいかもしれません。
詳しい人にアドバイスを求めたり付き添って貰うなどすれば、失敗する可能性は低くなります。
中古車を購入する際には、これらのことにくれぐれも気を付けるようにしましょう。

 


トップページ 頭金「0」円で新車に乗る 中古車を買うならココ 愛車を高く売る方法 サイトマップ